6分間文章術 中野 巧 感想


6分間文章術――想いを伝える教科書 中野 巧 の感想です。

昔、神田昌典さんの集まりでお会いさせていただいた方の書籍です。
AMAZONで1位になられたようですね。ランキングの。

簡単に読み手の視点に立って文章を書くためのフレームワークのような印象でした
全能思考のフォーマットに乗っ取ってこれを文章に生かして読みやすく、自分の目的に合致した文章が書けるという。
しかも、その文章にかかる時間と言うのは6分程度。

文章力のなさと言うのは僕にとって、結構課題でして、こうやって自分の生活の中でながながと文章を書く時間が長くなるに釣れて文章が書けないことは困難になるという・・・。

メソッドに乗っ取って文章を書いてみれば、簡単に新しい視点での文章が書けます。
こういう風に文章を書き続けていレア、それが習慣化されて人を動かすような文章が簡単に書けるようになるのだろうな・・っと。

他の方のレビューも参考にしてみてください

記事に関する質問はお気軽にメッセージください。
もっと詳しく話を聞きたい人はこちらからどうぞ


関連記事


こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。