TOEICとセンター試験の比較

【質問】

センター試験などの受験英語ができる人はTOEIC・英検もできる人でしょうか?
もしくは英検やTOEICというのは受験英語と全く違う物でしょうか?

【解答】

センター試験や大学受験の問題とTOEICでは出題傾向は違いますので、試験に向けてひたすらやってきた人は他の試験になってしまえば点数を取るのは厳しいのではないか・・・と思っています。海外生活を送っていたような英語のスペシャリストは両方とも高い点数を取ってくるでしょう。しかし何処でも通じる英語力というのはハードルが高いと思っていまして、それこそ、大学院で英語圏に留学して、教授さんやレポート、試験勉強に明け暮れてやっと英語力が身に付くであるとか。
もしくは小学校から英語圏に留学されていて、学校でみっちりではないですが、長期間の継続的な授業や交流によって英語が身に付いた方とか。

そうでもしないと厳しいと思っています。

国内にいても、英語が大好きで、自分でひたすら独学して、とか積極的に交流会などに参加したり、英会話のサークルなどに参加して英語を身につけた人は聞きますが、受験のための英語となると試験が変わればある程度は比例的に上がるものの試される知識というのは別ですし、要領も異なるかと思います

簡単に何が違うのかをまとめてみますと、大学受験の英語というのはパラグラフリーディングのように長文から趣旨を読み取ったりとか、英文和訳のように複雑な英文を正確に日本語に訳したりと言ったことが求められます。

これに対してTOEIC試験で求められるのは大まかに必要な情報を推察とかなしに短い時間で英文から得ていくことです。センター試験よりも推察とかひねった問題、なかなか内容なシチュエーションは出題されなくて、もっとビジネスと日常に絞り込まれています。お買い物、職場での会話とか、発注などがTOEICでは出題されます。小説などが出ることはありません。

記事に関する質問はお気軽にメッセージください。
もっと詳しく話を聞きたい人はこちらからどうぞ


関連記事


«  TOEICとセンター試験の比較  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。