英検とTOEICの比較とそれぞれの勉強の仕方

【質問】

英語の勉強をほぼゼロからはじめる社会人です。中学の英語からスタートしようと思っています。目標は英検の1級取得とTOEICで900点を超えることです。そこで、英検とTOEICについて質問です。それぞれで勉強の仕方が異なる・・と聞きましたが、どのようにちがいますか?どのように取り組めば良いのでしょうか?

【解答】

ゼロといっても、人によって本当にそれぞれだと思いますが、簡単にこの場で違いを説明すれば出題される問題が異なっています、英検は英語能力の検定という目的ですし、TOEICの場合はもっとビジネス英語よりで運用能力のスコア評価です。必然的に評価すべき項目が異なってきます。受験者の流れや時代の流れ的には英検は衰退していく一方、TOEICの受験者数や採用数が右肩上がりの状況です。2011年当たりから英検よりもTOEICの資格(というよりはスコアでしょうか)が企業や学校で優先されるような風潮が蔓延しています。

企業の採用というのは数字で見る方がわかりやすいためであるとか、英作文のような問題やスピーキングと言ったどうしても審査基準が曖昧になってしまうような部分を残さないところがTOEIC試験はビジネス寄りでしょう。また受験すればスコアが必ず出るので比較がしやすいということもあります。企業や大学側としてもTOEICは試験っぽい試験になっているので採用がしやすいのでしょう。英語で物を考えて推察するような問題であるとか、単語のレベルに関しても英検の方が難しくなります。

英検の3級を受けるような人と英検の1級に受かるような人が混ざって受験するのもTOEIC試験の特徴でしょう。TOEICについて簡単な問題と難しい問題が混ざった試験が出題されます。上手に難しい問題をかわす力を身につけるとそれだけでスコアが上がります。高確率で、要点を処理していくようなスキルというのはビジネスには必要なことかもしれませんね。

まずはTOEICや英検の問題を解いてみるのが良いかと思います。実際の模擬試験を解けば試験の違いがわかるかと思います。

記事に関する質問はお気軽にメッセージください。
もっと詳しく話を聞きたい人はこちらからどうぞ


関連記事


«  英検とTOEICの比較とそれぞれの勉強の仕方  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。