作業を効率的に進めるのには弊害

さて、前回

自分がきれいだと思ったりとか、怒りを感じたりとか、爆笑したりとか。

根っこにあるのって感性で、磨くと人よりも多くのものを感じることができるよねと。

しかし、作業を効率的に進めるのには弊害になるんじゃ。

といった話をしました。

今回は具体的な方法の話をします。

自分の体験も踏まえて。

自分の意思だけでそういう制限ができればいいんですけど、そう簡単にいきません。

人の意思は弱いし、移り気だし

それをいかにして止めるか。

工夫することも大事。

長期的に見れば自分の意思鍛えることも大事ですが、

テクニックも短期的には成果をあげます。
あるもの、わかってるものは使いましょう^^;

コストがかからないなら全力で全部。

外からの刺激、情報を遮断すると作業効率が上がる例を挙げます

たとえば、地震あったじゃないですか。大きいやつ。

あのとき、ゆうぽうと(都内の施設)でコーチングのセミナー受けてたんですけど

終わった後、ネッカに16時間ぐらい閉じこもることになったんですよ。

8時間パック2つ分。

電車止まって帰れないですし
ホテル取れなくって
早く席とらないとネッカも満席だろうし

で18時に到着。
翌日の10時までいました。

皮肉にも放置していた作業がとても進みました。
地震のおかげ。

携帯電話を家に置いてきてたんですよ

出かけるとき、必要と分かってなければ持ち歩きません^^;

また、実は・・・なんですが

昔に、実際に作業効率を計ってみて

・携帯電話はさわらない
・インターネットはつながない

方が1,3倍ぐらい作業効率がいいことが発覚してます^^;

人によって違うので、たまにインターネットや携帯電話を使わない日を作ってみて
作業効率がどうなるか試してみると、面白いんじゃないかなって思います。

記事に関する質問はお気軽にメッセージください。
もっと詳しく話を聞きたい人はこちらからどうぞ


関連記事


    None Found

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。