適当なことを言う人は災害のときも適当なことを言う

またまた、地震ネタ

インターネットで調べ物をしていて考えたこと。

・適当なことを言う人は災害のときも適当なことを言う・・・笑

しょうもない話を配信する人は、こういうときも症もない話を配信するし

面白い話を配信する人はこういうときも面白い話(役に立たないという笑)を配信するんだなと

自然に一貫性は保たれるものであるなと。

メールマガジンを読んでいて思いました^^;

あるていど信頼できる情報ソースは確保しといたほうが、いざって時いいなとか。

もちろん自分である程度検証する必要はありますが

正しいのかどうか。

次なのですが

・稼ぎたいといってる人が募金してるのを見て、人間性かえる必要があるなと

それって自分の一貫性が崩れているでしょう。

稼いだ人が募金するならわかるけど、稼ぎたい人はしちゃだめでしょう。

稼ぐことを一番トップに、最優先事項に置くならば、未来につながらない出費は避けるべき。

最も健全な思考としては、めちゃくちゃ稼いであとで募金しようと。

そうなるはず。

国力が回復うんちゃら、現地の人とのコネクションが必要ならわかるけど

自分の中での論理は成立しているので。

こう思ってしまったときに、自分で間違いに気がつくのは困難。

国力とかブラックボックスだし

個人で動くならばもっと短期的な、確実な部分を攻めていくのが確実だから。

国とかならありだと思うけども。

感情の高揚や、困ってる人がいるなら助けなきゃで、自分の軸がぶれるのは人間として避けるべきだと思いました^^;

記事に関する質問はお気軽にメッセージください。
もっと詳しく話を聞きたい人はこちらからどうぞ


関連記事


    None Found
«  適当なことを言う人は災害のときも適当なことを言う  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。