方向が難しいならエネルギーと選択で考える

インターンしてる会社の学生さんからこんなこといわれました

・看護学専攻しながらプログラムやってんの??

・いろんなことできるね

・器用だね

いえいえ、見る角度の問題かと思います。

1日24時間。これをどう使うか。

たとえばテレビや雑誌の情報ってほぼ皆無なんですよ。
どんなものが流行ってるのか、どんなことが言われているのか知らない。

またスポーツとかも最近はしません・・・笑

野球やサッカーのルールもわかんないですし。

僕がメルマが書いてる間にみんなはマージャンしたり、桃鉄したりとか。

何かしているわけです。そして、その知識が入ってきます。

そして、その知識って言うのは周りと暮らす上で役に立つことが多い。

知らない知識があって空気がしらけたらはぶられますし・・・・笑

そこで、考えたらいいのは

何が役に立つかわかんない。

というよりも捕らえ方としては

周りの環境によって役に立つ情報というものは変化する。

って考えたほうがすっきりするかと思います。

行動を取捨選択する上で。

仲間を作って動くならある程度の協調性とか調和とか

逆に必要になるんですよ。

一人で動いてるときに無駄に見えるものが。

他人に頼って生きるうえでは、絶対必要^^;

逆に他人と一緒にやっていく上で不要のものが、一人で何かしようというとき必要になったり。

ビジネスでも法律の考え方とか、外注するときの相手の思考パターンとか・・・笑

雇われてるときはまったく要らない知識が鍵になったりします。

話を戻しますが、方向性を適度に自分で俯瞰して進んでくと

自分で選んでる感じは高まると思います。

方向が難しいならエネルギーと選択で考える

出来るだけ孤独にいたほうが、よく考えて選ぶことが出来ます。

でも、みんなで生きてたほうがエネルギーは大きくなる。
元気に毎日が過ごせます。

そのバランス。

ずっとみんなで生きてくことも、ずっと一人で生きてくことも不可能だから

バランスを見ながら、自分でどっちで時間を使うかを選ぶ。

あとは、時間を使うていう意識を持ている人が、話していて少ないのが

もったいないなーって思いますね・・。

記事に関する質問はお気軽にメッセージください。
もっと詳しく話を聞きたい人はこちらからどうぞ


関連記事


    None Found
«  方向が難しいならエネルギーと選択で考える  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。