行動に対して失敗か成功か決めるのは自分。

今回のテーマは

小さな成功を積み重ねる

いろんな本に書かれてます。

成功の癖をつけろと。

石井弘之さんの本に多いですね

コールドリーディング(えせ占い師の技術)から自己啓発に移ってしまってから

本買わなくなりましたがダイナマイトモチベーションプログラムは佳作だと思っています・・・笑

成功の癖がつくと行動力上がりますね。

たとえば、周りをYESマンで固めるとか。

自分の能力を最大化する方法として素晴らしいと思います。

でも逆に、行動への否定が繰り返されるとどうなると思います?

・・

・・

・・

挫折者。ニヒリスト。

なにごとにも批判的・無気力になっていくんですね。

そこから抜け出すには

・まわり、自分をすべて受け入れてみる、肯定してみる。

・いろいろやってみる

っていうのが近道かもしれません。

やってみたものって肯定したくなるから。

さらに仕組みを考えれば

行動に対して失敗かどうか決めるのって自分。

周りの影響はうけるけど。

それでも自分が決めてる。

うまくいったか、失敗したのか決めるの。

だから成功体験を繰り返すのは効果ある。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

行動に対して失敗か成功か決めるのは自分。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

記事に関する質問はお気軽にメッセージください。
もっと詳しく話を聞きたい人はこちらからどうぞ


関連記事


    None Found

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。