メモした内容がイメージすると、なんで行動的なんですか

さて、前回

メモを書く以前に言葉遣いで行動的な人かわかります。

といった話をしました。

そうしたところ

「メモした内容がイメージすると、なんで行動的なんですか」

といったお返事がきました

説明します。

イメージしたことは現実になる

可能性が高いんですね。

書けば書くほどイメージしやすいんですよ。

だから書くと行動する可能性は一般的に上がります。

でもさ

めちゃくちゃ丁寧に計画だけかくひといるじゃないか?
そういう人でまったく行動しない人知ってるよ??

うん。

いますね、その人はもはや今まで通り書くことは意味ない。

きっと意味ない

結局大事なのは行動するか。

その一つの方法として。

行動力を上げる方法として書いてみるというのがある。

今までと同じことをしてるんじゃ同じ結果にしかならないですよ。

「だめ」なものは「だめ」なんですよ。

だから

・書き方を変えてみたら行動するようになるかもしれないです

・逆にメモするのを一切やめたら行動するようになるかもしれないです

・知り合いや家族をメモ帳代わりに使ったら行動するようになるかもしれないです。

「11時に起こしてください。12時に会社に着かないと怒られてしまいます」

「明日に課題の提出なので、やってなさそうだったらやるように言って」

なにか変えると、変わる可能性があります。

逆に変えなければ、ずっとそのまま。

だから、うまくいってるなら変えないほうがいいです。

とくによくないのは

・飽きたとか

・つまらないとか

そういう理由で変えるのはよくないです。

今しか見てないですもの。

今はいいけど後はよくない。

大変良くない

エネルギーを上げるには今しか見ないほうがいいです

ですが、エネルギーしか考えてないとあらぬ方向に曲がっていきます・・・笑

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今までと同じことをしたのでは同じ結果にしかならない可能性が高い

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

記事に関する質問はお気軽にメッセージください。
もっと詳しく話を聞きたい人はこちらからどうぞ


関連記事


    None Found
«  メモした内容がイメージすると、なんで行動的なんですか  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。