自分の成長のために人に教える

2013 11月 10 勉強法 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin
空白ページ

自分のノウハウを人に教えることは自分の頭の中の整理になります。
他人に教えるばかりになってしまうと自分の成長効率が悪くなるのです。しかし、たまには教えてみることで自分の成長が促されます。なぜ教えることが効果的なのか4つ要因を挙げてみます。

・モチベーションが高いこと
自分の成長を促すのとは異なるベクトルのモチベーションでの働きかけとなります。なので自分の成長に対してモチベが上がらないときに人に教えてみると、やる気が出て普段以上のモチベーションで活動に取り組むことができることがあります。
もちろん、モチベーションは高い方が学習ははかどります。本気で取り組まないと何の気づきも得られないということです。

・客観的に悪い点が浮き彫りになること
他人なので自分の見たくない棉も見ることができます。鏡にできるということです。
自分の欠点が自分の教える相手を通して浮き彫りになることがあります。

・プロセスをモデルにできる
人に教えるのに当たって、自分の中でメソッドの体系化を進めなくては行けません。なので今までぐちゃぐちゃしていた自分の方法論が整理されて結果としてアウトプットしやすくなります。

・質問されて問題点が浮き彫りになる
人に教えていると、たまに痛い部分を疲れることがあります。自分がさぼっている部分であったりとか、やってこなかった部分。目をつむっていた部分などです。それが明確になることにより、自分でその今まで向き合ってこなかった部分に対してどのような対応をするか考えることができます。

というのが上げられます。

記事に関する質問はお気軽にメッセージください。
もっと詳しく話を聞きたい人はこちらからどうぞ


関連記事


    None Found

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。