アウトプットを前提としたインプット

2013 11月 10 勉強法 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin
空白ページ

アウトプットを前提としたインプットが良いと言われています。
インプットというのは本を読んだり、ビデオ教材を見たり、誰かの講習会を受けたりです。

インプットをするときにできるだけアウトプットを前提とした方が良いです。
インプットの意味というのは、効率とか実用と考えると、自分の行動を知恵を得ることで変えることです。
できるだけ効率よく得た知識をアウトプットしましょう。

アウトプットというのは誰かに話すのでも良いですし、自分が新しい行動をするとか確信を持って今までの行動をするとかです。

どのように行動を変えるのかインプットのときにメモを取りながら情報を得ると役に立ちます。
または、本の場合ですが後で復習しやすいように斜線を入れたり付箋を貼ったりしても良いでしょう。

TODOリストにしておいて後で実行しましょう。

記事に関する質問はお気軽にメッセージください。
もっと詳しく話を聞きたい人はこちらからどうぞ


関連記事


«  アウトプットを前提としたインプット  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。