ゴール(目標)からの逆算をするとき

2013 11月 09 勉強法 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin
新しいSkitchファイル_110913_032304_AM

数字目標を達成するのにはゴール(目標)からの逆算をするのが一般的に良いとされていますが、
そもそもイメージができない状態では逆算は失敗します。

物事を進めるのは積み上げ式です。行動は段取りをつけて実行するので実行レベルでは積み上げ式のやり方をとることになります。
なので、初期段階では実行段階に合わせて積み上げ思考でプランを練る必要があります。そちらのほうが実行可能性の高く自分の中にイメージしやすいプランニングをすることができます。

逆算思考でゴールからプランを練るとします。そのときはいろいろと理屈をつけてやらないとか不可能とか思う結果となるでしょう。
それよりも、まずはやってみて、やりながら目標から逆算することを頭に入れて進めるということです。
逆算できるならば逆算したほうがいいのですが、だいたいは想像の及ばない位置に目標というのはあるので無理です。無理なことをやろうとしてはいけません。

想像の及ぶ範囲では逆算したほうが早いです。

記事に関する質問はお気軽にメッセージください。
もっと詳しく話を聞きたい人はこちらからどうぞ


関連記事


    None Found

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。