入り口と入り口から出口までに集中する

2013 10月 27 勉強法 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin
空白ページ

大事にした方が良いのは入り口と入り口から出口。

ファーストステップにできるだけ多くのリソースを割くことで実験の幅が広がります。
たとえばリスト集めを重視するなどをすれば販売に関しても実験を行いやすくなります

入り口から出口までに集中してリソースを割くことによって大きく方向性がぶれなくなります。
最後までイメージができているため。

記事に関する質問はお気軽にメッセージください。
もっと詳しく話を聞きたい人はこちらからどうぞ


関連記事


    None Found
«  入り口と入り口から出口までに集中する  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。