ネイティブスピーカーの前置詞の感想・書評


ネイティブスピーカーの前置詞―ネイティブスピーカーの英文法〈2〉

昔に英語のコンサルティングを受けていたことがありました。はっきり言ってメールでのやり取り、電話でのやり取りなどが面倒すぎて(効率が非常に悪かった・・・)ダメだったのですが。そのときにお薦めされた本のひとつです。

僕がネイティブスピーカーシリーズで初めて購入した本です

日本人にとって理解が困難なもののひとつが前置詞でしょう。
学校では前置詞は暗記!熟語としておそわります。一つ一つの意味を深く考えることをしません。

by=よって

みたいなのが学校教育でしょう。

この本では前置詞がひとつひとつ取り上げられて丁寧に図やイメージを使って展開と関連づけられて解説されています。展開というのはonのイメージがどのようにそういう意味になるかですねー

基本的には乗っかっているイメージなのですが、put on とかtake on・・・

熟語の暗記をしているとイメージなど気にしなくなるものですが、それだと英語の前置詞の意味を理解していないのと似たようなもので効率が悪くなってしまいます。。。暗記の。

応用の幅も狭まるでしょうし。熟語などの解説と合わさって書かれています

記事に関する質問はお気軽にメッセージください。
もっと詳しく話を聞きたい人はこちらからどうぞ


関連記事


    None Found

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。